VIPO

新着情報

2023.10.20 イベント・セミナー・公募情報
【カンヌ 監督週間 in Tokio】上映16作品決定/西川美和監督&オダギリジョーによるトークショー開催決定(特別上映『ゆれる』)

アジア初開催「カンヌ 監督週間 in Tokio」2023/12/8~21〈2週間限定〉
オープニングは衝撃の実話を元にしたセドリック・カーン監督『ゴールドマン裁判』
韓国の至宝、ホン・サンス監督『In Our Day』など世界から選りすぐった16作品を上映
特別上映は『ゆれる』、西川美和監督&オダギリジョーによるトークショーも決定!


 VIPO(ヴィーポ)は、「カンヌ国際映画祭」の独立部門である「監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight)」と結んだコラボレーション契約の一環として開催する「カンヌ 監督週間 in Tokio」の上映作品16本を決定いたしました。
 カンヌ国際映画祭「監督週間 2023」で上映された長編・短編に加え、VIPOセレクトの日本映画を上映いたします。
 

◉ 世界中から選りすぐった珠玉の全16作品が渋谷に集結!


©Séverine Brigeot

©2006『ゆれる』製作委員会

オープニングを飾るのは、フランスの実力派監督セドリック・カーン作で、70年代に起きた実際の事件に基づく息をのむ裁判劇 『The Goldman Case/ゴールドマン裁判』。現在、本作はフランスで観客動員数30万人を超え大ヒット中です。その他のラインナップも充実しており、日本でもおなじみの韓国の至宝、ホン・サンス監督の記念すべき30本目の長編作品となる『In Our Day』、ドキュメンタリー出身のイリヤ・ポヴォロトスキ監督のフィクション第1作目となるロードムービー『Grace』、監督週間部門作品を対象とするベスト・ヨーロッパ映画賞を受賞し、エレナ・マルティン・ヒメノ監督が主演も兼ねている『Creatura』、2023年に最も注目されたアジアの新人監督ファム・ティエン・アンの長編1作目となりカンヌの「新人監督賞」であるカメラドールを受賞した『Inside the Yellow Cocoon Shell/黄色い繭の殻の中』と各国から多彩な作品が集結。さらに、カンヌが注目する新進気鋭の平井敦士監督による『ゆ』(※『ゆ』は、2023/10/4-15開催「モントリオール・ニュー・シネマ国際映画祭2023」短編部門でグランプリを受賞 https://nouveaucinema.ca/en/articles/short-film-awards-2023)と『フレネルの光』、「サン・セバスティアン国際映画祭」に正式出品された深田隆之監督の『ナナメのろうか』といった日本人監督による短編映画も3本立てで上映。また、2006年のカンヌ監督週間に出品され、人間心理の得体の知れなさに迫る西川美和監督の名を世界に知らしめた『ゆれる』の上映と西川美和監督と主演のオダギリジョーによるトークショーも決定しました!
 

◉ 全16作品

『The Goldman Case/ゴールドマン裁判』
※オープニング作品
監督:Cédric Kahn(セドリック・カーン)
製作:フランス
『Mambar Pierrette』
監督:Rosine Mbakam
製作:ベルギー・カメルーン
『Inside the Yellow Cocoon Shell/
黄色い繭の殻の中』

監督:PHAM Thien An
製作:スペイン・フランス・シンガポール・ヴェトナム
『In Our Day』
監督:Hong Sangsoo
製作:韓国
『Creatura』
監督:Elena Martin Gimeno
製作:スペイン
『In Flames』
監督:Zarrar Kahn
製作:カナダ・パキスタン
『Riddle of fire』
監督:Weston Razooli
製作:アメリカ
『The feeling that the time for doing
something has passed』

監督:Joanna Arnow
製作:アメリカ
『Grace』
監督:Ilya Povolotsky
製作:ロシア
『ゆ』(短編)
監督:平井敦士
製作:フランス
『The Sweet East』
監督:Sean Price Williams
製作:アメリカ
『フレネルの光』(短編)
監督:平井敦士
製作:フランス・日本
『Agra』
監督:Kanu Behl
製作:フランス・インド
『ナナメのろうか』(短編)
監督:深田隆之
製作:日本
『The Other Laurens』
監督:Claude Schmitz
製作:ベルギー・フランス・ルクセンブルク
『ゆれる』 ※特別上映
監督:西川美和
製作:日本

 
 
チラシ(作品情報等掲載)ダウンロードはこちら
 
 
 

◉ カンヌ「監督週間」について (公式サイト:https://www.quinzaine-cineastes.fr/en

「カンヌ国際映画祭」は世界三大映画祭の中でも突出した知名度と国際的に高い評価を誇る映画祭です。その中でも将来有望の片鱗を見せる優れた映像作品を1969年より上映し続けてきた「監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight)」。フランスの監督協会が運営している「監督週間」は、作家性を持つ監督が世界に出てゆく登竜門的な存在であり、また最も特異で前衛性のある、幅広いタイプの作品を紹介することを目的としています。
 
 過去には、ソフィア・コッポラ、スパイク・リー、アトム・エゴヤン、ジム・ジャームッシュ、ケン・ローチ、グザヴィエ・ドラン、日本からは大島渚、北野武、黒沢清、三池崇史、諏訪敦彦、河瀬直美、西川美和といった今日の映画界を牽引する監督たちがこの「監督週間」から大きく飛び立っていきました。
 
 

◉ 「カンヌ 監督週間 in Tokio」概要

日程 2023年12月8日(金)〜21日(木) 〈2週間限定〉
会場 ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区渋谷 1-23-16 ココチビル 7・8F)
上映作品
  • 今年度のカンヌ国際映画祭「監督週間2023」で上映された長編・短編作品
  • VIPOセレクトの日本映画
主催 監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight)
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
特別協力 AKIRA H 協力 CINEFRANCE STUDIOS/ユニフランス/ELLE/日本映像翻訳アカデミー(JVTA)
助成 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

【予告動画(YouTube)】 https://youtu.be/Jh89SoweXdU
【公式HP】 https://www.cannes-df-in-tokio.com/
【公式X(旧Twitter)】 @cannes_tokio (https://twitter.com/cannes_tokio
 
※名称について:「カンヌ 監督週間 in Tokyo」は、「Tokyo」をフランス語表記「Tokio」に変え、「カンヌ 監督週間 in Tokio」といたします。
 
 

 
 

お問い合わせ

特定非営利活動法人映像産業振興機構 (VIPO)
「カンヌ 監督週間 in Tokio」事務局:吉田
e-mail: cannes_tokio@vipo.or.jp
 
 

新着情報

12.07 イベント・セミナー・公募情報
【カンヌ 監督週間 in Tokio】明日12/8(金)より開催 三池崇史監督登壇ほか各イベントのお知らせ
12.05 イベント・セミナー・公募情報
  • VIPOアカデミー
【VIPOアカデミー】〈募集開始〉冬期3コース「グローバル/リーガル/アカウンティング」
11.28 イベント・セミナー・公募情報
  • VIPOアカデミー
【業界研究ベーシック募集】〈VIPOアカデミー〉3年ぶりに会場開催が復活!~コンテンツ業界に特化した人材育成事業~
11.24 イベント・セミナー・公募情報
【報告書開示】2022年版 韓国コンテンツ産業支援政策調査報告書
11.24 事業報告
【スウェーデン・ゲームビジネス・テクニカルツアー】ゲーム会社10社企業訪問及びSweden Game Conference参加 実施報告
11.24 事業報告
【大賞決定】「京都国際クリエイターズアワード2023」授賞式実施報告
11.24 事業報告
「フランクフルト・ブックフェア2023」文化庁・VIPO事業実施報告
11.21 イベント・セミナー・公募情報
【締結報告】VIPOが上海市映画テレビ撮影サービス機関とMOU締結の調印
11.20 イベント・セミナー・公募情報
【参加募集】11/24 AFAシンガポールでの「海賊版対策セミナー」
11.17 事業報告
【企画ピッチング実施報告】釜山国際映画祭見本市「Asian Contents & Film Market (ACFM)2023 」VIPOブース出展
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録