理事長挨拶

日本の映像文化産業発展のために

理事長挨拶

理事長 松谷孝征

日本の映像文化産業は、国際社会における日本の存在感を高めると共に今日の日本を、日本人をより深く理解して頂くための極めて優れた芸術分野のひとつといえます。

日本の経済成長の一端を担い、国際社会においての日本への理解を深める映像文化産業の中核、資源は何といっても人の創造性です。現在、日本の映像文化は「クールジャパン」「かわいい」等々もてはやされておりますが、それは戦後の長い歴史の中で多くの先達の方々が身を粉にして創作をし続けてきた賜物です。

これから未来に向けて、創造できる人材が育成され、彼らが活動を続けられる環境が整備され、良質な作品を生み出し続けられることが、結果として長期の映像文化産業の発展をもたらし、コンテンツ制作の現場がより安定、活性化するという好循環も生み出されるものと考えます。

現在、VIPOでは、関係省庁、関連団体、学校、民間企業、個人など様々な方々のご支援ご協力を得て、映像産業にとって今、何が必要であるかを常に念頭におき、人材育成、市場開拓をVIPOの活動の中心として様々な事業を展開しています。

VIPOは、これからも、映像文化産業における人材育成や市場開拓、海外との交流などの事業を通じて、官民、コンテンツ分野間、省庁との連携を強化する役割を担い、日本の文化・映像文化産業の発展、振興のために、寄与して参る所存です。私はこれまで40年ほど出版、アニメ業界に携わってまいりました。微力ではございますが、VIPOの活動を通し、映像文化産業の発展にお役に立てればと思っております。

映像文化を通じて世界中の人と交流しあえれば、必然的に日本の映像文化を世界に広めることになり、そして、映像文化によって世界中が互いの国を理解しあうことにより、地球の平和につながる。VIPOの活動がそのようなことに、多少でも貢献できれば幸いです。

VIPOは、あらゆる映像文化産業がどうしたら活発に創作し続けることができるのか、その為に何が必要かを考え、発信力のある良質な映像文化を生み出す環境を維持していくことに努力を惜しみません。皆様のご協力の下、映像産業の栄えある未来に向け進化していきたいと考えております。