Festival Scope活用事業

事業の概要

本事業では、ヨーロッパで開発された業界関係者向けオンライン映画視聴プラットフォーム「Festival Scope Pro」(https://pro.festivalscope.com)にVIPO特設ページを開設し、VIPO事業に関連した日本映画作品や制作者の作品のほか、公募による出品作品を選定、掲載しています。主に海外の映画祭プログラマーや関係者に向けて日本映画の視聴機会を提供し、映画祭への選定を促すことを目的としています。
 
年2回の更新を予定しており、今年度は、第1弾として新たに作品を募集し、2022年7月4日より25作品を掲載しております。第2弾はベルリン国際映画祭頃の予定です。
 
世界各国の様々な映画祭プログラマーやバイヤー等が一堂に会する大規模マーケット期間にあわせ、多くの日本映画やクリエイターを発見していただく機会を提供いたします。
 


Festival Scope Pro内の各国機関等のページ“Labels”におけるVIPO特設ページ
https://pro.festivalscope.com/label/show/vipo

 

▶ 監督フォーカス
・深川栄洋監督 https://pro.festivalscope.com/director/yoshihiro-fukagawa
・齋藤栄美監督 https://pro.festivalscope.com/director/emi-saito
・後藤美波監督 https://pro.festivalscope.com/director/minami-goto

*作品視聴等はFestival Scope Pro会員のみ可

Festival Scope Proとは? https://pro.festivalscope.com/主に、世界の映画祭プログラマーが最新作品の情報をいち早くキャッチし本編を視聴することで、映画祭のプログラミングに役立てるためのプラットフォームです。各国の機関や映画祭が独自ページを開設し、その中で様々な作品を紹介しています。
●各国の参加組織や映画祭等:UniFrance、Telefilm Canada、German Films、European Film Promotion、EAVE等
●主な映画祭・マーケット等:釜山国際映画祭、トロント国際映画祭、ベニス国際映画祭、上海国際映画祭、香港国際映画祭、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、東京フィルメックス、HAF、Asian Project Market等

 
〇2022年度 第1弾掲載作品一覧はこちら
〇2021年度 第2弾「ベルリン国際映画祭」向け掲載作品一覧(28作品)はこちら
〇2021年度 第1弾「カンヌ国際映画祭」向け掲載作品一覧(22作品)はこちら
 
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
Festival Scope事務局
inquiry.fs@vipo.or.jp