コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金

 
J-LODのロゴ本事業は、日本発のコンテンツ等の海外展開を促進し、日本ブーム創出を通じた関連産業の海外展開の拡大および訪日外国人等の促進につなげるとともに、コンテンツ産業が持続的に発展するエコシステムを構築することを目的としています。
 

通称:J-LOD(Japan content LOcalization and Distribution、読み:ジェイロッド)

 
 
(1)コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業の支援
コンテンツが主体となった又はコンテンツを有効活用した海外展開を行う際のローカライズおよびプロモーションを行う事業に係る費用について、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を補助します。
 
(2)海外向けコンテンツ製作に資する資金調達・人材育成を行う事業の支援
海外展開を目指すコンテンツの本格的な制作に必要な資金調達のための試作映像等の企画・開発を行う事業に係る費用について、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を補助します。
 
(3)先進性の高いコンテンツの開発/制作・発信を行う事業の支援
デジタル技術を活用した先進性の高いコンテンツを開発/制作し、世界に向けて発表・発信を行う事業に係る費用について、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を補助します。
 
(4)コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業の支援
コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業に係る費用について、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を補助します。
 
(5)デジタル配信を念頭においたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業の支援
デジタル配信を念頭においたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業に係る費用について、その費用負担を軽減するため、当該事業を主体となって実施する企業・団体に必要経費の一部を補助します。
 
 

▼採択件数

2020年3月から2021年1月までの補助金応募期間における交付決定件数
 
262件
 

▼交付決定事業者一覧

 

▼活用事例

▼本助成金についてのお問い合わせ

コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金に関して、また、ローカライズ事業の発信状況の報告などに関するお問い合わせは、案件番号を明記のうえ以下のお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

 
 

令和元年度補正予算「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金」第5弾
デジタル配信を念頭に置いたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業の支援(J-LOD⑤)

■採択事例

しずてつジャストライン株式会社
バス運転士採用ストーリー【BE HOMETOWN HERO】 BtoC 雇用創出
対象 求職者、地域、従業員
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 実写
映像尺 5分未満
発信方法 YouTube、LINE、自社HP
目的 求人応募率の増加/企業やバス運転士への好感度向上

評価ポイント
「バス運転士募集」という訴求点を芯に置きつつ、「就職前×就職後」の対比や、それぞれの家族のストーリーを広げることで、仕事の魅力や価値を描いている。全てのシリーズにおいて、企画・構成が練られており、ブランデッドムービーとしての完成度が高い。

宮島醤油株式会社
“美味しいは幸せの調味料だ”
宮島醤油 社是「去華就実」を訴求するブランデッド映像コンテンツ制作事業 BtoC
対象 消費者、取引先、地域、従業員
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 実写
映像尺 10分未満
発信方法 YouTube、自社HP、Twitter、Facebook、ニュースリリース
目的 自社理念の浸透、認知度向上、社内エンゲージメントの向上

評価ポイント
祖母と孫の関係をモチーフに、「家族・食・社会」に通じる大切な思いを真っ直ぐに見つめることで、心に訴える作品となっている。登場人物が暮らす地域に関心を寄せ、その土地から生み出される商品にも目を向けさせる「ローカル企業ブランディング」を実現している。

株式会社ニットー
「世界から立ち仕事のつらさをなくす」の世界観を遡及する映像制作 BtoB 海外展開
対象 消費者、取引先
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 実写
映像尺 3分未満
発信方法 YouTube、Facebook、Twitter、展示会
目的 自社理念の浸透

評価ポイント
「世界から立ち仕事のつらさをなくす」という企業理念に沿ってブランドの価値観がよく描かれており、事業者への理解と共に、共感を呼ぶストーリー性のある動画になっている。

株式会社扶桑社
シンプルで、豊かな暮らしのすすめ BtoC
対象 消費者、取引先
コンテンツの種類 ノンフィクション
表現方法 実写
映像尺 3分未満
発信方法 YouTube、自社HP、プレスリリース、Instagram
目的 ブランドメッセージの浸透

評価ポイント
事業者の姿勢である「シンプルで、豊かな暮らしをすすめる」を具体的に描くため、天然生活の典型を、象徴的な家族を通して表現している。

株式会社金冠堂
キンカン 若年層に対する認知向上とブランディングを目的とした映像制作 BtoC
対象 消費者、取引先
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 アニメーション
映像尺 5分未満
発信方法 YouTube、自社HP
目的 若年層へ向けた認知度向上、ブランドメッセージの浸透

評価ポイント
キャラクターやテリング技法がストーリー的に確立されており、内容は企業紹介的ではあるものの、ブランドイメージの良化に貢献しており、続編を期待させる。

株式会社武蔵境自動車教習所
差別化、イメージアップのためのブランデッドコンテンツ制作&発信事業 BtoC
対象 消費者、地域
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 実写
映像尺 10分未満
発信方法 YouTube、Facebook、Twitter、Instagram、自社HP
目的 差別化と認知度向上による資料請求・入所者数の増加

評価ポイント
お世辞にも上手とは言えない歌で構成されているものの、そこをあえて狙っている企画であり、教習所の生徒と先生の両方の視点から描くところに新鮮さがある。シナリオの段階から完成図が見えていた。

株式会社くしまアオイファーム
「イモップ」を用いての企業ブランド認知促進事業 BtoC
対象 消費者、取引先、地域
コンテンツの種類 フィクション
表現方法 アニメーション
映像尺 3分未満
発信方法 YouTube、Instagram
目的 ブランドの認知度向上

評価ポイント
完成度の高いイラストベースのブランデッドムービーであり、商品であるサツマイモを、広告映像にありがちな押し付けを感じさせることなく紹介し、エンタメ性を高めている。