国際プロデューサー育成事業「VIPO Film Lab」

映画の国際共同製作を推進し、国際的な感覚や知識を持ち広く世界で活躍する若手プロデューサーを育成することを目的として「VIPO Film Lab」を開催します。
「VIPO Film Lab」では、[1]国際プロデューサーコース(全10回・オンライン)〈終了〉と、[2]脚本コースを実施いたします。
 
[1]国際プロデューサーコース(全10回・オンライン)
[2]脚本コース@ウディネ

[1]国際プロデューサーコース(全10回・オンライン)〈終了〉

国際的に活躍できる若手プロデューサー育成のため、世界の映画祭やマーケットの機能、セールスエージェントや企画マーケットの役割、そして、実際の企画マーケット担当者からの実践的なレクチャーや脚本ディベロップメントなど、映画の国際共同製作・海外展開を目指していくうえで必要となる知識を包括的に学べるコースになります。国内外の経験豊富な業界エキスパートや現役で活躍するプレイヤーを講師陣に迎え、即実践で活用できる基本的な知識やテクニックを身につけることを目指します。
 
・募集定員:20名程度
・参加費用:22,000円(消費税込み)
 

実施日程と講義内容/講師

第1回:6/17(木) 16:00~18:00 「世界の映画祭とその機能について」
長谷川敏行氏(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭プログラミング・ディレクター)
講師経歴:東映国際営業部、UNIJAPANを経て現在、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭プログラミング・ディレクターを務める。SKIPシティ作品等日本映画の海外映画祭紹介、また、海外セールス会社との交渉なども行っている。
 
第2回:6/24(木) 16:00~18:00 「映画祭におけるジャンル映画について」
Thomas Nam氏(プチョン国際ファンタスティック映画祭マーケット部門責任者)
講師経歴:プチョン国際ファンタスティック映画祭マーケット部門責任者。また2015年からはムンバイ映画祭のジャンル映画部門のキュレーターも務める。
 
第3回:7/22(木) 19:00~21:00 「国際共同製作について」
Christophe Bruncher氏(eave)<eave_Ties That Bind*¹/VIPO共同開催>
講師経歴:映画プロデューサー。eaveでTies That Bindを立ち上げる。ブノワ・ジャコ監督の“L’INTOUCHABLE“、日本でも公開されたジェーン・フォンダ主演の「みんなで一緒に暮らしたら」などのプロデューサーとして活躍。

*1: eave_Ties That Bind
ヨーロッパとアジアによる国際共同製作を目指すワークショップ。アジアと共同製作経験のあるヨーロッパ映画業界関係者等がメンターとなり、脚本開発、資金調達、マーケティング、コプロダクションの契約などを学ぶトレーニングプログラムを提供。プログラムは、春と秋の2回、ウディネ(イタリア)とシンガポールで開催され、グループワークや個別セッション形式で行われる。(2020年は新型コロナウィルスの影響によりオンラインで開催)
公式サイト http://www.tiesthatbind.eu/

 
第4回:7/29(木) 16:00~18:00 「セールスエージェントの役割」
Maria A. RUGGIER氏 (Asian Shadow出資買付担当)
講師経歴:アジア映画を中心に買付、共同制作をしている中国・フランスのセールスエージェント出資買付担当者。元ロカルノ映画祭プログラマーでもある。
 
第5回:8/5(木) 16:00~18:00 「海外に通用する日本の企画とは」
Maria A. RUGGIER氏 (Asian Shadow出資買付担当)
 
第6回:8/19(木) 19:00~21:00 「オリジナル脚本の進め方 ベーシック理論」
Clare Downs氏 (eave) <eave_Ties That Bind*¹/VIPO共同開催>
講師経歴:1989年eaveの発足時からスクリプト・コンサルタントとして参加。様々なワークショップや映画祭のトレーニングプログラムなどに参加している。
 
第7回:8/26(木) 17:00~19:00「世界の映画マーケット(見本市)について」
Sten Kristian Saluveer氏(CEO, Storytek / Strategic Advisor NEXT, Marche Du Film – Festival de Cannes)
講師経歴:タリン・ブラックナイト映画祭にてインダストリー部門とアジア映画プログラマーを担当。現在はカンヌ国際映画祭併設マーケットにて最新技術等を取り上げる”NEXT”のストラテジー・アドバイザーを務める。
 
第8回:9/30(木) 16:00~18:00 「国際映画製作 ケーススタディ」
福間美由紀氏(分福プロデューサー)
講師経歴:映画プロデューサー。是枝裕和監督の「真実」と「ブローカー(仮)」、国際プロジェクトである「十年」などのプロデューサーを務める。
 
第9回:11/10(水) 10:30~12:30 「企画マーケットとは?(1)エキスパート編」 *日時変更
Lorna Tee氏(映画プロデューサー IFFAMacao. CinemAsia. paperheart)
講師経歴:マレーシア出身のプロデューサー。香港企業のアジア映画の出資担当者として活躍、ホー・ユーハン、エドウィンなど様々な東南アジア監督作品のプロデュースを担当、ベルリン、ロカルノなどに作品を送り込んだ実績がある経験豊富なプロデューサー。
 
第10回:10/28(木) 16:00~18:00 「企画マーケットとは?(2)企画マーケット担当者編」
Matthew Poon氏 (Asian Film Financing Forum HAF責任者)
講師経歴:香港FILMARTと同時期に開催する老舗企画マーケットの責任者を務める。
Park Seri氏(Asian Project Market担当者)
講師経歴:釜山国際映画祭と共に開催されるアジアで初の企画マーケットの担当者。
 

[2]脚本コース@ウディネ

本コースは、ヨーロッパの団体EAVE(European Audiovisual Entrepreneurs)とVIPOの共催事業で、参加者はイタリア・ウディネにて開催する脚本個別指導講義を受講できるほか、EAVE主催のラボTies That Bind (TTB)*2のASIA / EUROPE CO-PRODUCTION WORKSHOPの一部講義への参加、「ウディネ・ファーイースト映画祭」および「Focus Asia」(インダストリー部門)*3への参加が可能となります。
 

 
*2 Ties That Bind
ヨーロッパとアジアによる国際共同製作を目指すワークショップ(ASIA /EUROPE CO-PRODUCTION WORKSHOP)。アジアと共同製作経験のあるヨーロッパ映画業界関係者等がメンターとなり、脚本開発、資金調達、マーケティング、コプロダクションの契約などを学ぶトレーニングプログラムを提供。プログラムは、春と秋の2回、ウディネ(イタリア)とシンガポールで開催され、グループワークや個別セッション形式で行われる。
ウディネでの開催日程:2022年4月25日(月)~29日(金)
https://www.fareastfilm.com/ties-that-bind-4432/
 
*3 Focus Asia
開催日程:2022年4月26日(月)~28日(金)
https://www.fareastfilm.com/focus-asia-2022/
 

「脚本コース@ウディネ」開催概要

すでにお持ちの脚本をより国際的に通用する内容へとブラッシュアップを行うための脚本指導講義をウディネにて開催いたします。ヨーロッパで活躍する経験豊富な講師の個別指導による集中的な講義となります。
• 日程:2022年4月30日(土)(予定)
• 場所:イタリア・ウディネ
• 講師:Clare Downs氏(EAVE)
• 講師経歴:1989年EAVE発足時からスクリプト・コンサルタントとして参加。さまざまなワークショップや映画祭のトレーニングプログラムなどに講師として参加している。
 

 
 
【お問い合わせ】
VIPO Film Lab事務局
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
映像事業部 担当:山田、谷元
E-mail: vipofilmlab@vipo.or.jp