VIPO

新着情報

2023.09.15 イベント・セミナー・公募情報
【ビジュアル&予告編解禁】アジア初開催「カンヌ 監督週間 in Tokio」イ・チャンドン監督コメント入りの予告編/総合プロデューサーの最新コメント到着

「カンヌ 監督週間 in Tokio」をアジア初開催決定!2023/12/8~21〈2週間限定公開〉
ソフィア・コッポラ、ジム・ジャームッシュ、クエンティン・タランティーノ、大島渚、北野武、黒沢清・・・
名監督をいち早く見いだしてきた「監督週間」が日本初上陸
イ・チャンドン監督コメント入りの予告編/ビジュアル/総合プロデューサーからの最新コメント到着!


 VIPO(ヴィーポ)はこのたび、「カンヌ国際映画祭」の独立部門である「監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight)」と結んだコラボレーション契約の一環として、「カンヌ 監督週間 in Tokio」を開催いたします。ソフィア・コッポラ、ジム・ジャームッシュ、クエンティン・タランティーノ、大島渚、北野武、黒沢清……名監督をいち早く見いだしてきた「監督週間」がアジア初開催となります!
 
 「カンヌ 監督週間 in Tokio」は12月8日(金)から21日(木)の2週間限定で、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催。カンヌ国際映画祭「監督週間 2023」で上映された約15本の長編・短編に加え、VIPOセレクトの日本映画を上映いたします。2023年のカンヌで上映された作品を日本の映画ファンと映画映像業界に携わる方々、そしてこれからその世界に飛び込もうとしている若者たちに、VIPOがお届けします。
 
 
◉ポスタービジュアル解禁
カンヌの監督週間の前衛的なスピリット・渋谷という疾走感あふれる街のア-トシアターでクリスマス直前に上映されるわくわく感を、一人の若者で表現したビジュアルとなりました。
 
 
 
◉イ・チャンドン監督コメント入り予告編(YouTube)
韓国の巨匠イ・チャンドン監督から、本プロジェクト開催にあたってのメッセージが到着。コメント動画が入った予告編が完成しました!
URL: https://youtu.be/Jh89SoweXdU
 
 

◉吉田佳代(VIPO「カンヌ 監督週間 in Tokio」総合プロデューサー)のコメント
“事件的”な2週間が12月に渋谷で待っています


©Kazuko WAKAYAMA

「カンヌ監督週間のセレクションは決してハ-トウォーミングな作品やラブコメなどではなく、ラディカルで自由で観るものに必ずや矢を放つメッセージ性の高い作品ばかりです。
そのような映画を世界中から集めて多くの観客へ届けることが本企画の意義だとVIPOは考え取り組んでおります。
カンヌの監督週間の主催者たちもこの指針を共有しています。
5月のカンヌからの直送で、日本では2回しかみることのできない”事件的”な2週間が12月に渋谷で待っています。
観なければあなたは一生後悔するかもしれない!です。よろしくお願いいたします。」
 
 

◉カンヌ「監督週間」について
「カンヌ国際映画祭」は世界三大映画祭の中でも突出した知名度と国際的に高い評価を誇る映画祭です。その中でも将来有望の片鱗を見せる優れた映像作品を1969年より上映し続けてきた「監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight))」。フランスの監督協会が運営している「監督週間」は、作家性を持つ監督が世界に出てゆく登竜門的な存在であり、また最も特異で前衛性のある、幅広いタイプの作品を紹介することを目的としています。
 
過去には、ソフィア・コッポラ、スパイク・リー、アトム・エゴヤン、ジム・ジャームッシュ、ケン・ローチ、クエンティン・タランティーノ、グザヴィエ・ドラン、日本からは大島渚、北野武、黒沢清、三池崇史、諏訪敦彦、河瀬直美、西川美和といった今日の映画界を牽引する監督たちがこの「監督週間」から大きく飛び立っていきました。
・「監督週間」公式サイト:https://www.quinzaine-cineastes.fr/en
 
 
◉Julien Rejl(ジュリアン・レジ)氏(監督週間アーティスティック・ディレクター〈芸術監督〉)のコメント
(※2023年5月22日カンヌでの記者会見から抜粋)


©Kazuko WAKAYAMA

「私が昨年の6月末に監督週間のア-ティスティック・ディレクタ-(芸術監督)に就任してから3つのモットーを掲げてきました。①監督週間のアイデンティティーを考え直し確立させる。②監督週間の存在価値と物語性を両立させて運営することに力を注ぐ。③そして我々から世界の観客に監督週間の作品を見て貰えるような道筋を構築する。この度、東京は渋谷で『カンヌ 監督週間 in Tokio』というショウケ-スを開催できることを心から嬉しく思います。
また、作品だけを上映するのではなく、日本の映画監督たちにも会うことができるようなイベントや仕掛けを東京で作りたいと願いつつ、VIPOと監督週間がタッグを組める喜びをかみしめております。」
 
 

◆「カンヌ 監督週間 in Tokio」概要◆

日程 2023年12月8日(金)〜21日(木)〈2週間限定〉
会場 ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区渋谷 1-23-16 ココチビル 7・8F)
上映作品
  • 今年度のカンヌ国際映画祭「監督週間2023」で上映された約15本の長編・短編作品
  • VIPOセレクトの日本映画(本数未定)
主催 監督週間(Quinzaine des Cinéastes/ Directors’ Fortnight)
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
特別協力 AKIRA H 協力 CINEFRANCE STUDIOS
予告動画(YouTube) https://youtu.be/Jh89SoweXdU
公式HP https://www.cannes-df-in-tokio.com/
公式X(旧Twitter) @cannes_tokio (https://twitter.com/cannes_tokio

※名称「カンヌ 監督週間 in Tokyo」は、「Tokyo」をフランス語表記「Tokio」に変え、「カンヌ 監督週間 in Tokio」といたします。
 

お問い合わせ

特定非営利活動法人映像産業振興機構 (VIPO)
「カンヌ 監督週間 in Tokio」事務局:吉田
e-mail: cannes_tokio@vipo.or.jp
 
 

新着情報

04.16 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【参加者募集】5/22 福井健策弁護士法律セミナー「放送コンテンツの著作権と権利処理」
04.03 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【プロデューサー参加募集】プチョン国際ファンタスティック映画祭「NAFF Fantastic Film School」プロデューサー養成プログラム/現地滞在レジデンスプログラム
04.03 イベント・セミナー・公募情報
【企画募集】「プチョン国際ファンタスティック映画祭」併設企画マーケット「NAFF It Project」
04.02 イベント・セミナー・公募情報
【動画公開中】「全国映画資料アーカイブサミット2024」アーカイブ動画(無料)
04.02 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【参加募集】 4/17(水) 「映像国際共同製作 北京市政府方針紹介セミナー」(参加無料)
03.29 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【映画プロデューサー募集】2024/5月カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film(マルシェ・ドゥ・フィルム)
03.29 イベント・セミナー・公募情報
【連携館追加】「映画資料所在地情報検索システム(JFROL)」に調布市立図書館の映画資料データベースが新規連携
03.27 事業報告
「BUNGAKU DAYS 2024 SPRING」実施報告
03.27 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【HAF受賞】『白の花果』がウディネ フォーカスアジア賞を受賞!/ndjc「長編映画の企画・脚本開発サポート」開発作品
03.26 事業報告
【VIPO Film Lab企画】 脚本家の池端俊策氏による映画の企画開発講座 実施報告
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録