VIPO

新着情報

2020.10.09 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【オンライン参加募集】12/2-4「映画プロデューサー養成講座 基礎編」(3日間)

オンラインで遠方からも参加可能! エンターテイメント業界のプロデューサーに必須!
12/2(水)〜4日(金)「映画プロデューサー養成講座 基礎編」(3日間)

ゲスト講師に沖田修一監督


 VIPO(ヴィーポ)は、2020年12月2日(水)、3日(木)、4日(金)に「映画プロデューサー養成講座 基礎編」を開催いたします。本講座では、3日間のオンライン形式で、「映画」を題材に映像コンテンツ製作に必要不可欠なプロデュースの基礎知識を集中的に学びます。
 
 講義では、インディペンデントからメジャーな商業映画までをカバーし、プロデューサーの具体的な役割、企画の立て方・書き方、脚本の読み方、脚本の仕組みと構成の理解、制作予算の立て方、資金回収などを解説。題材は「映画」ですが、エンターテイメント業界においてアニメ、ゲーム、映像コンテンツの企画、制作、プロデューサー志望の方には必修です。
 
 お申込みの締め切りは11月25日(水)。
 
 今回はオンライン形式のため、これまで参加ができなかった遠方の方の参加も可能です。コンテンツ産業および映画業界のプロデューサーをめざす方々は、ぜひお申し込みください。
 


早稲田大学名誉教授
安藤紘平氏

映画監督
沖田修一氏

講師略歴

講師には毎回恒例の早稲田大学名誉教授の安藤紘平氏。
 
12月4日(金)のゲスト講師には、『おらおらでひとりいぐも』、『モリのいる場所』の沖田修一監督を迎え、ご自身の作品の企画~製作過程の話を交えた実践的なお話をしていただきます。
 
*2018年度 講座開催報告はこちら
(ゲスト:『幼な子われらに生まれ』三島有紀子監督)
 
*2019年度 講座開催報告はこちら
(ゲスト:『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督

 
 

日時/プログラム (受付開始13:15~)

 
●1日目:12月2日(水) 13:30~17:30
プロデューサーの役割、企画の立て方・書き方
シナリオの読み方、魅力ある台詞とは……
 
●2日目:12月3日(木) 13:30~17:30
脚本を読み解く 脚本を書くには
魅力ある台詞とは 映画のオープニングとエンディング
脚本の分析とプロデューサーの意図
 
●3日目:12月4日(金) 13:30~16:30
制作予算を立てる
資金の回収・返済・分配  
16:30~ 沖田監督ご登壇 映画製作の実際 [安藤講師とトークセッション]
 
※適宜休憩を挟みます。また、プログラム内容は変更する可能性があります。
 
 

 
 
 

開催概要

開催日 2020年12月2日(水)、3日(木)、4日(金)〈3日間〉
会 場 Zoomでの開催になりますので、ご自身で受講できる環境を整えてくださいますようお願いいたします。
受講対象者 将来の映像コンテンツ業界のプロデューサー志望の人
参加費 一般40,000/VIPO会員20,000円(税込)
※会員リストはこちらをご確認ください。
定 員 40 名(事前申込制・先着順)
申込締切 11月25日(水)15:00 ※定員に達し次第、申込終了となります。
申込方法 ●お申込の受付は「Peatix」のみとなります。参加のご希望は「Peatix」の登録をお願いいたします。
●お支払方法はクレジットカード・コンビニ・ATM決済のみで、領収書は「Peatix」による発行となります。
クレジットカード決済以外のお支払方法は、「VIPO会員価格」「一般価格」の選択を間違えて申し込まれますと、払い戻しにキャンセル手数料が発生してしまいますので、できる限り、クレジットカードでの決済をお勧めいたします。「VIPO会員」の会社・組織はこちらからご確認ください。
●コンビニ・ATMでのお支払のみ、お支払期限がセミナー申込後3日以内となります。3日を過ぎると自動キャンセルとなりますので、ご注意ください。
●お支払後にやむを得ずキャンセルする際、次の場合に関しては、返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
・コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
・クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合

 

講師略歴

早稲田大学名誉教授 安藤紘平氏
 
1944年生まれ。1968年、早稲田大学理工学部卒業。同年TBS入社、事業局・メディア推進局局次長などを経て、2004年退職。2003年、早稲田大学客員教授を経て、2004年から早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授。日本映画監督協会国際委員。大学在学中から劇団天井桟敷に所属、映像作家として活動。1969年、電子映像を使った日本初のフィルム『オー・マイ・マザー』でオーバーハウゼン国際短編映画祭入選、同作品は米国ゲッティ美術館、横浜美術館などに収蔵。1994年、ハイビジョン撮影を35ミリフィルムに変換した『アインシュタインは黄昏の向こうからやってくる』で、ハワイ国際映画祭銀賞特別賞、国際エレクトロニックシネマフェスティバル・アストロラビウム賞を受賞。その他、作品、受賞歴多数。デジタル、ハイビジョンに先鞭をつけた映画作家として世界的に著名であり、2001年にはパリで安藤紘平回顧展が開催された。ほか『息子たち』、フェルメールの囁き』がある。

 
 

映画監督 沖田修一氏
 
1977年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。短編映画の自主制作を経て、初の長編となる『このすばらしきせかい』を公開。2009年、『南極料理人』が全国で劇場公開されヒット、国内外で高い評価を受ける。2012年公開の『キツツキと雨』が第24回東京国際映画祭審査員特別賞や第8回ドバイ国際映画祭にて受賞。2013年公開『横道世之介』は、第56回ブルーリボン賞最優秀作品賞などを受賞。その後も公開作が続き『滝を見にいく』(14)、『モヒカン故郷に帰る』(16)、『モリのいる場所』(18)では第40回ヨコハマ映画祭脚本賞を受賞。短編『ファミリータイプ』(19)では、クレルモン・フェラン国際短編映画祭にて、スペシャルメンションを獲得した。次回作『おらおらでひとりいぐも』(20)、『子供はわかってあげない』(21)が、公開待機中。

 
 

 
 

お問い合わせ先

特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)
担当:本間・木元・村川
Tel:03-3543-7531 Email:seminar@vipo.or.jp
 
※お問い合わせの際は、件名に「映画プロデューサー養成講座」とご明記ください。
※弊機構では、リモートワークを基本とした時差出勤との併用により、感染防止対策を行いながら業務を進めることを基本としております。お問い合わせは、なるべくメールにてお願い申し上げます。
 
 

新着情報

10.26 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【新進プロデューサー募集】2021/2月ベルリン国際映画祭併設マーケット「Berlinale Co-Production Market Visitors Programme」(オンライン)
10.22 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【映画『羅生門』展】1/10サイズ「羅生門」再現模型展示スタート!(会場:国立映画アーカイブ)
10.14 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【映画『羅生門』展】公式図録発売のお知らせ(会場:国立映画アーカイブ)
10.12 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【結果発表】「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」大賞決定
10.12 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【公募開始】文化芸術収益力強化事業
10.09 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【オンライン参加募集】12/2-4「映画プロデューサー養成講座 基礎編」(3日間)
10.05 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【J-LODlive】令和3年度への繰越し、および補助金公募要項一部(全18箇所)改訂のお知らせ
10.01 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【作品募集】Asia Content Business Summit 短編映画・ドキュメンタリー作品を世界へ
09.29 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【展覧会のご案内】公開70周年記念 映画『羅生門』展(会場:国立映画アーカイブ)
09.28 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
【申請受付開始】内閣府支援「外国映像作品ロケ誘致プロジェクト」製作費用の一部を支援
  • セミナー・イベント
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録