新着情報

2014.08.01
「平成26年度 京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-」開催決定 映画企画の募集開始

本事業は、「日本で唯一、プロの映画撮影所で自分の作品企画を映像化できるコンテスト」として、時代劇の製作拠点である京都の文化と環境を活かした、新しい歴史・時代劇の実現化を目指します。また、若手映画・映像制作者(監督、プロデューサー等)が映像業界で活躍できるよう、業界でのネットワーク形成の促進やパイロット版映像の製作支援、プロモーションの機会を提供するなど、企画が実現するきっかけとなるよう多角的に支援をしていきます。

本事業の開催決定に伴い、映画企画の募集を行います。「時代劇や歴史劇ジャンルの作品」、「京都府内で撮影を想定した作品」かつ「商業作品としての公開を想定したビジネスプランを伴う作品」を対象に一般公募した映画企画について、業界の第一線で活躍するプロデューサーや関係者で構成される評価者が書類審査を行い、5~10作品企画を選定します。書類審査を通過した作品企画は、一般公開のプレゼンテーション審査にご参加いただき、評価者から講評を受けます。その中から選定された優秀賞(1作品企画)に対しては、350万円相当(予定)のパイロット版映像制作の権利が付与されます。

詳細は、プロジェクトHP( http://kyotofilmpitching.jp/ )をご参照ください。今年度も、多くの方々のご応募をお待ちしております。

■開催概要
【名称】  京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-
【主催】  京都府、NPO法人映像産業振興機構(VIPO)京都事務所
【共催】  KYOTO Cross Media Experience 実行委員会
【後援】  経済産業省近畿経済産業局
【協力】  東映㈱京都撮影所、㈱松竹撮影所、㈱東映京都スタジオ、京都文化博物館

■応募要件
(1) 若手映画・映像制作者(監督およびプロデューサー)による作品企画※1
(2) 応募者は、40歳代※2までの映画・映像制作経験者(監督およびプロデューサーとして劇場公開作品がある場合は1本までに限る)
(3) 日本語での応募書類作成およびプレゼンテーションが可能な方
※1 監督およびプロデューサーの組み合わせによる応募が望ましいですが、どちらかのみ
による応募も可能です。監督およびプロデューサーの組み合わせによる応募の場合、どちらかが若手映画・
映像制作者であれば応募は可能です。
※2 本事業はあくまでも若手映画・映像制作者向けの企画コンテストとなります。
■対象作品(次の要件のすべてに該当すること)
(1) 時代劇や歴史劇ジャンルの作品
(2) 京都府内で撮影を想定した作品
(3) 商業作品としての公開を想定したビジネスプランを伴う作品
※ 非公開のオリジナル作品を基本とします。権利がクリアされている場合のみ、原作も可能です。なお、続編、シリーズ物は対象としておりません。
※ 公開とは、国内外を問わず、商業劇場での配給・公開、テレビ放映、ビデオ・DVD販売、インターネット上での配信などを指します。

■応募方法
下記の提出物を応募期間内に、書留郵便またはそれに準ずる送付方法にて、事務局までお送りください。応募受付を完了した作品企画については、事務局より応募用紙に記載されたメールアドレスへ受領の連絡をします。連絡がない場合は、お問い合わせください。また、内容に不備があった場合は受け付けることができませんのでご注意ください。
【提出物】
(1) 応募用紙(様式あり)
(2) 企画書(A4用紙6枚まで、氏名と作品企画タイトルを明記した表紙を含む)
(3) ビジネスプラン(様式あり)
(4) 作品企画のイメージ映像(3分以内の映像もしくはA4サイズの画像データ5枚以上)
(5) 過去作品のイメージ映像(3分以内に収めること)
※ (1)~(4) は提出必須です。(5)は可能である場合のみ提出してください。
※ (4)と(5)をプレゼンテーション審査にて上映する場合、権利がクリアされていることをご確認ください。
※ (4)と(5)はCDまたは DVDに収録し、破損のないように梱包して送ってください。
※ 送料は応募者の負担とし、お送りいただきました提出物は原則返却いたしません。
※ 運搬中の破損や紛失などの事故に関しては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※ 応募される前に、募集要項を必ずご確認ください。募集要項や応募用紙などの様式は、プロジェクトHP(http://kyotofilmpitching.jp/)よりダウンロードしてください。

■応募期間
平成26年8月1月(金) ~ 9月30日(火) ※必着

■プロジェクトHP
http://kyotofilmpitching.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ: NPO法人 映像産業振興機構 京都事務所
担当: 高田
TEL : 075-746-6216 FAX:075-746-6217
e-mail: kyoto@vipo.or.jp

新着情報

08.17 事業報告
「コンテンツ業界が知っておきたい『健康経営』『イクボス』働き方改革セミナー」開催報告
08.17 事業報告
VIPOアクターズワークショップ第5弾開催報告:吉川邦夫ディレクターによるドラマ撮影現場さながらの演技レッスン
08.17 事業報告
「日中IPビジネスマッチングツアー@北京」実施報告
08.15 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
「ndjc2018」ワークショップに参加する若手映画作家15名が決定
08.10 イベント・セミナー・公募情報
  • コンテンツ企業×異業種企業マッチング交流会
11/7(水)東京都「コンテンツ活用促進セミナー&異業種マッチング交流会」異業種企業募集
08.06 イベント・セミナー・公募情報
  • VIPOアカデミー
「VIPOアカデミー」秋期5コース「見学会」「説明会」参加募集
08.03 イベント・セミナー・公募情報
『AFI Conservatory 日本人留学生推薦事業』のお知らせ
08.03 イベント・セミナー・公募情報
9/3(月)「海外見本市・イベント直前攻略セミナー(基礎マスター編)」参加者募集
08.02 イベント・セミナー・公募情報
8/28(火)北米最大のキッズエンターテイメント産業見本市「Kidscreen Summit」紹介セミナー参加者募集
07.31 イベント・セミナー・公募情報
第10回「京都映画企画市-Kyoto Film Pitching-」開催決定!企画募集を開始
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録