新着情報

2015.01.16
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014」 の作品が完成し、全国上映会を開催いたします。

関係者向け合評上映会を全国4都市で実施!~一般モニターも募集!~

NPO法人 映像産業振興機構(略称:VIPO、理事長:松谷孝征、東京都中央区)が実施している文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014」では、今年度の製作実地研修における35mmフィルムによる短編映画5作品の撮影が終了し、2月に合評上映会を実施する運びとなりました。

今年8月に行ったワークショップから選出し製作実地研修に進んだ5人が、プロの講師による脚本指導を経て、各制作プロダクションにご協力をいただき、プロのスタッフ・キャストと共に短編映画の製作を行いました。2月には関係者向けの合評上映会を東京ほか地方都市3カ所で実施、併せて一般の方々からもご講評頂くモニターの募集を開始します。また3月には劇場で一般公開を行う予定です。
2月の合評上映会及び作品詳細は以下のとおりです。


■合評上映会開催(関係者向け)
①東京会場:角川シネマ新宿 http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/
日時:平成27年2月19日(木)13:30~
②大阪会場:梅田ブルク7 http://burg7.com/index.html
日時:平成27年2月24日(火)18:30~
③広島会場:広島サロンシネマ http://johakyu.co.jp/
日時:平成27年2月25日(水)19:00~
④山形会場:フォーラム山形 http://www.forum-movie.net/yamagata/
日時: 平成27年2月27日(金)18:30~

◇一般モニター募集:2月に行う合評上映会では一般モニターを募集いたします。応募に関する詳細はプロジェクトHP(http://www.vipo-ndjc.jp/)をご参照ください。

■合評上映会(一般有料興行)
○劇場公開:3月(東京・関西を予定)

■ndjc:若手映画作家育成プロジェクト■
ndjcは、次代を担う優れた長編映画監督の発掘と育成を目指し、平成18年度より実施しているもので、優れた若手映画監督を公募し、本格的な映像製作技術と作家性を磨くために必要な知識や技術を継承するためのワークショップや製作実地研修を実施すると同時に、作品発表の場を提供することで、次代を担う長編映画監督の発掘と育成を目指しています。

■監督及び作品紹介(作家名五十音順) ※1作品の上映時間は約30分です。
ndjc案内状オール [互換モード]
■監督:飯塚俊光 Iizuka Toshimitsu
■作品:『チキンズダイナマイト』
あらすじ:『チキンズダイナマイト』それは、いじめ救済を目的とした伝説のゲーム!15年間いじめられっ子の橋本諭吉。ある日、「景色を変えてみないか?」と、元いじめられっ子の先輩から声を掛けられる。無謀とも思えるゲームルールに、挑戦を決めた橋本の運命は!?
作家推薦:ニューシネマワークショップ
制作プロダクション:ダブ
出演:岡山天音、恒松祐里、碓井将大、武田玲奈、前野朋哉

■監督:加瀬聡 Kase Satoshi
■作品:『もちつきラプソディ』
あらすじ:家族連れで賑わう年末のファミレス。純一と美冬が向き合う机の上には離婚届。一方、美冬の帰りを待つ娘の歩は古びたビデオテープを見つける。そこには幼き美冬と家族がもちつきをしている映像が。歩の好奇心で実家に帰り久々のもちつきに参加する美冬だが…
作家推薦:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
制作:角川大映スタジオ
出演:星野真里、久世星佳、大高洋夫、豊嶋花、油井昌由樹

■監督:草苅勲 Kusakari Isao
■作品:『本のゆがみ』
あらすじ:図書館職員の星野良助、桑原正紀、中川みく。彼らはそれぞれに闇を抱え、そしてそれに抗うように悪い事もやっている。そんな彼らが今まさに産まれてきた赤ちゃんを見てあることを思う。
作家推薦:ディレクターズクラブ
制作:シネムーブ
出演:金山一彦、兒玉宣勝、小野しおり、伊沢弘、松尾れい子

■監督:羽生敏博 Hanyuu Toshihiro
■作品:『good-bye』
あらすじ:御崎紀子と長女の花、次女の風の母娘3人は、ネットカフェで生活をしている。貧しいながらも、仲睦まじく暮らしていたのだが、ある日紀子が職を失ってしまう。職探しや、借金のあてを探すが上手くいかない。子どもたちとともに紀子が向かう先には・・・。
作家推薦:日本映画大学
制作:リトルモア/フィルムメイカーズ
出演:安藤玉恵、竹中涼乃、矢崎由紗、吉岡睦雄、政岡泰志

■監督:吉野耕平 Yoshino Kohei
■作品:『エンドローラーズ』
あらすじ:葬儀屋の中本が喪主・昇から言われたのは「弟(故人)の仕事は工業用ロボットの金具製作。弟の孫に、爺さんがどんな仕事をしてたかわからせてやりたい。だから、ロボット使った映像を作れ」という難題。昇は更に「それに派手な音楽付けて式で流そう」「式にロボット呼べ」と無茶な要求を連発。お葬式はどうなる?
作家推薦:ぴあ株式会社 PFF事務局
制作:日活/ジャンゴフィルム
出演:三浦貴大、でんでん、久野雅弘、梅舟惟永、勝倉けい子

※詳しくは、添付資料をご覧ください。上映会ご案内トータル VIPO会員様

【上記に関する連絡先】
NPO法人映像産業振興機構(VIPO)内ndjc事務局:信澤・水越・近藤・中村
東京都中央区築地4-1-1東劇ビル8F  TEL:03-3543-7532 FAX:03-3543-7533