新着情報

2011.01.14
平成22年度「京都映画・映像企画市」実施報告

2010年12月10日(金)映像産業振興機構(VIPO)京都事務所は、京都府との共同主催による「京都映画・映像企画市」を開催しました。

当事業は、40代までの若手映画・映像関係者を対象に「京都府内での撮影を想定した作品」または「時代劇を中心とした歴史作品」の企画を募集し、選考に通過した企画者がプレゼンテーションを行い、映画のプロの方々に評価をいただくワークショップです。昨年度の開催に続き、第2回目の開催となりました。
評価者に、天野眞弓氏(ぴあフィルムフェスティバル スカラシッププロデューサー)、井関惺氏(映画プロデューサー)、掛尾良夫氏(キネマ旬報映画総合研究所 エグゼクティブ・ディレクター)、沢村敏氏(東京テアトル㈱映像事業部編成部)、林海象氏(映画監督/京都造形芸術大学映画学科長・教授)ら5名、特別コメンテーターに、ドイツよりマックス・フラウエンクネヒト氏(映画プロデューサー)をお招きしました。

一般公募により集まった企画の中から、選考を通過した7企画9名の企画者がプレゼンテーションを行いました。発表企画は、京都の撮影所を舞台にした作品や、殺陣を活かした時代劇、近代文学を原作とした作品、人気漫画の映像化、架空の国を舞台にした冒険ファンタジー作品等、多様なジャンルの作品が発表されました。発表7企画の中から、評価者による選考の結果、優秀賞として『子恋の森へ』(企画者:片桐絵梨子さん)が選ばれました。

ワークショップは東映京都撮影所試写室で行われ、観覧申込をされた一般参加者約100名が来場しました。

平成22年度「京都映画・映像企画市」実施報告

平成22年度「京都映画・映像企画市」

日時:2010年12月10日(金)13:00~
場所:東映㈱京都撮影所 試写室

実施プログラム

13:00~13:05 ご挨拶 東映㈱京都撮影所 奈村取締役所長
13:05?13:10 評価者・特別コメンテーター紹介
13:10?15:35 発表者によるプレゼンテーションと評価者による講評(全7企画)
15:45?16:25 優秀賞の発表(片桐絵梨子/企画名:『子恋の森へ』)
評価者・特別コメンテーターによる総評
主催 京都府 NPO法人映像産業振興機構(VIPO)京都事務所
共催 太秦フェスティバル実行委員会
後援 経済産業省近畿経済産業局
協力 東映㈱京都撮影所 ㈱松竹京都撮影所 ㈱東映京都スタジオ
京都文化博物館
立命館大学映像学部 京都造形芸術大学芸術学部映画学科
京都嵯峨芸術大学芸術学部メディアデザイン学科

お問合せ先

映像産業振興機構(VIPO)京都事務所
〒616-8163 京都市右京区太秦西蜂岡町9
TEL/FAX:075-862-8091
e-mail:kyoto@vipo.or.jp

新着情報

01.17 イベント・セミナー・公募情報
【追加開催決定】「2019年版 中国ビジネス攻略セミナー」3/4(月)・3/6(水)参加者募集
01.11 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」2/5(火)~若手作家5作品「合評上映会」を全国4都市で開催!「一般モニター」を募集!
01.08 イベント・セミナー・公募情報
【VIPOアカデミー】好評につき「リーダーシッププログラム」〈単発講座〉を2-3月に開催
12.26 事業報告
年末年始休業期間(12/29~1/6)のご案内
12.21 イベント・セミナー・公募情報
  • アジアにおける日本映画特集上映事業
「インドネシア日本映画週間2018」12/16に閉幕
クロージング作品『海を駆ける』の深田晃司監督、ディーン・フジオカ、太賀ら凱旋舞台挨拶
12.20 事業報告
最新先端コンテンツXR(VR/AR/MR)攻略セミナー 実施報告(全4回)
12.18 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
2/7(木)-8(金)「2019年版 中国ビジネス攻略セミナー」参加者募集
12.12 イベント・セミナー・公募情報
  • アジアにおける日本映画特集上映事業
12/7「インドネシア日本映画週間2018」開幕、オープニング作品で『カメラを止めるな!』を上映
12.12 事業報告
  • セミナー・イベント
「映画プロデューサー養成セミナー 基礎編」全4回 開催報告
12.10 事業報告
  • セミナー・イベント
福井健策弁護士 法律セミナー 「コンテンツ業界人が知っておきたい『動画制作・ライブイベントに必須の音楽著作権の基礎知識2018』」 実施報告
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録