新着情報

2010.10.21
第15回釜山国際映画祭「ジャパンレセプション」実施報告

10月7日(木)から13日(水)まで開催された第15回釜山国際映画祭において、11日(月)にジャパンレセプションが釜山グランドホテル22階のスカイラウンジにて開催され、日韓をはじめ各国の映画関係者450名ほどが参加しました。

ジャパンレセプションは、日韓及び世界各国の映画関係者の交流の場として、文化庁、公益財団法人ユニジャパン(UNIJAPAN)、NPO法人映像産業振興機構(VIPO)の共催により毎年行われており、今年で6回目の開催となります。

会場入口には釜山国際映画祭の公式上映作品のポスターパネルを装飾し、ご出席いただく方々をお迎えしました。主催者を代表して、文化庁吉田次長による開会の挨拶、そして、今回特別にご参加いただきました鳩山前総理大臣夫人、鳩山幸さんにご挨拶頂きました。続きまして、来賓を代表して、依田巽東京国際映画祭チェアマン、キム・ドンホ釜山国際映画祭委員長に揃ってご挨拶を頂きました。今年でキム・ドンホさんが委員長を退任されることもあり、お二人からの熱いお言葉に会場も湧き上がりました。

また、映画祭公式上映作品の関係者の中から、「悪人」(A Window on Asian Cinema部門)の李相日監督、「オカンの嫁入り」(A Window on Asian Cinema部門)の呉美保監督、「アブラクサスの祭」(A Window on Asian Cinema部門)の加藤直輝監督、「マジック・アンド・ロス」(A Window on Asian Cinema部門)のリン・カーワイ監督と女優の杉野希妃さん、「ザ・タイガー・ファクトリー」(A Window on Asian Cinema部門)のウー・ミンジン監督、「インハレーション」(Wide Angle部門)のエドモンド・ヨウ監督にご挨拶頂きました。

最後に、ジャパンフィルムコミッション寺脇研理事長による日韓映画交流含めたご挨拶をもってレセプションの中締めとし、賑やなうちに閉会を迎えました。

第15回釜山国際映画祭「ジャパンレセプション」実施報告

左:釜山国際映画祭キム・ドンホ委員長、鳩山幸氏、東京国際映画祭依田チェアマン / 右:レセプション会場の様子

第15回釜山国際映画祭「ジャパンレセプション」実施報告

左:呉美保監督 / 右:李相日監督

第15回釜山国際映画祭「ジャパンレセプション」実施報告

左:会場入口の様子 / 右:釜山国際映画祭キム・ドンホ委員長、東京国際映画祭依田チェアマン

新着情報

03.15 イベント・セミナー・公募情報
  • J-LOD
【J-LOD】「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金」(2)事業の公募開始と説明会開催のご案内
03.14 事業報告
  • セミナー・イベント
第4回今さら聞けない「映像基礎技術セミナー」開催報告
03.14 事業報告
  • コンテンツ産業新展開強化事業
「海外動画配信サービスにおける『日本コンテンツ専用チャンネル』 活用セミナー 〜A New Business Model to Export Japanese Content Worldwide〜」実施報告
03.14 事業報告
  • コンテンツ産業新展開強化事業
Kidscreen Summit 2019 ジャパンブース出展 実施報告
03.12 事業報告
  • セミナー・イベント
『コンテンツ業界が知っておきたい インドネシアビジネス攻略セミナー』実施報告
03.12 事業報告
  • セミナー・イベント
「2019年版 コンテンツ業界が知っておきたい中国ビジネス攻略セミナー」実施報告
03.11 イベント・セミナー・公募情報
  • J-LOD
【J-LOD】補助金公募要項(1)が一部改訂されました(事業期間、2020年2月まで延長)
03.06 イベント・セミナー・公募情報
  • セミナー・イベント
4/17(水)福井健策弁護士セミナー「音楽著作権講座:ステップ・アップ編」開催
03.01 イベント・セミナー・公募情報
  • J-LOD
【新・補助金】(J-LOD)説明会(一部事業)3月分開催のお知らせ
03.01 イベント・セミナー・公募情報
3/25(月)「国際アニメーションプロデューサーピッチトレーニングプログラム受講者による英語ピッチセッション」参加者募集
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録