VIPO

新着情報

2021.01.15 事業報告
福井健策弁護士法律セミナー『舞台・ライブイベントの権利処理と契約』実施報告

 VIPO(ヴィーポ)は、2020年12月8日(火)、福井健策弁護士コンテンツ法律セミナー『舞台・ライブイベントの権利処理と契約』を開催いたしました。
 

 
 福井弁護士による法律セミナーは毎回その時々にテーマをかえながら10回目を迎えました。映像コンテンツ業界をはじめ幅広い業界から80名ご参加いただきました。
 
 ライブ・エンターテインメント業界を襲ったコロナ危機。そのなかで政府による様々な支援制度がおこなわれ、業界の課題や注意点が浮き彫りになりました。これらを踏まえ、ライブイベントがwith コロナ時代にどう進化していくべきなのか、権利処理や法制度の観点から講義いただきました。配信対応を高度化したライブイベントのハイブリッド化や劇場そのもののデジタル再編など、国をあげた配信戦略をすすめることは急務です。まさに本セミナーでは、固有であいまいだった舞台・ライブイベントの権利問題を理解し、ライブ配信やアーカイブ化の知識を今後のビジネスに役立てる場になりました。
 
受講後のアンケートでは、
「非常に有用な情報がたくさんありました。」
「現状の権利的なニュアンスがわかり易かったです。」
「大変わかりやすい講義、ありがとうございました。」
など、多くのご感想をいただきました。
 
 

開催概要
日 時 2020年12月8日(火)15:00~17:00
会 場 オンライン
参加費(税込) VIPO会員:4,000円、一般:6,000円
主 催 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)

 
 

福井健策弁護士(日本・ニーヨーク州)/日本大学藝術学部・神戸大学大学院客員教授
 
1991年 東京大学法学部卒。1993年 弁護士登録(第二東京弁護士会)。米国コロンビア大学法学修士課程修了(セゾン文化財団スカラシップ)、シンガポール国立大学リサーチスカラーなど経て、現在骨董通り法律事務所 代表パートナー。著書に『著作権とは何か』『著作権の世紀』『誰が「知」を独占するのか』(集英社新書)、『「ネットの自由」vs. 著作権』(光文社新書)ほか。国会図書館審議会、文化庁、エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワークなど委員・理事を務める。

 
 

お問い合わせ先

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
担当:木元
Tel:03-3543-7531 E-mail:seminar@vipo.or.jp

新着情報

09.17 イベント・セミナー・公募情報
  • 京都国際マンガ・アニメフェア
【結果発表】「京都国際マンガ・アニメ大賞 2021」大賞決定
09.17 イベント・セミナー・公募情報
新型コロナウィルス感染防止対策について:電話/郵便物について
09.16 イベント・セミナー・公募情報
【J-LOD補助金】(5)公募期間延長[デジタル配信を念頭においたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業の支援]
09.10 イベント・セミナー・公募情報
【選考結果発表】映画作家3名の研修参加が決定!(文化庁「日本映画海外展開強化事業」オンライン研修)
09.09 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2021】制作プロダクション決定(若手映画作家育成プロジェクト2021)
09.08 イベント・セミナー・公募情報
「NAMIMONOGATARI 2021」の主催者に対するコンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金の交付決定取り消しについて
09.08 イベント・セミナー・公募情報
【本日スタート】メディアアート「アルスエレクトロニカ2021 Garden TOKYO」作品展示やライブイベント等を実施
09.06 イベント・セミナー・公募情報
【2次募集】文化庁事業「ARTS for the future!」2次募集の申請受付を開始
09.03 イベント・セミナー・公募情報
【J-LODlive2(キャンセル料支援含む)】追加的予算措置および運用変更について
09.02 イベント・セミナー・公募情報
「NAMIMONOGATARI2021」の主催者に対する文書の発信について
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録