VIPO

新着情報

2019.09.13 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【観覧参加者募集】〈ndjc2019〉10/7(月)「映画脚本」企画プレゼン

『長いお別れ』中野量太監督、『おいしい家族』ふくだももこ監督等を輩出
「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」
「90分程度の映画脚本開発」企画プレゼンテーションを実施!


 VIPOが文化庁から委託を受けて運営する「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」では、「90分程度の映画脚本開発」を実施。10月7日(月)に開催する企画プレゼンテーションへの観覧参加者を募集しています。
 
 「90分程度の映画脚本開発」は、過去のndjc参加者から脚本を募集。一次選考で絞られた5名による企画プレゼンテーションを実施し、その中から選出した1名の脚本を開発するプロジェクトです。昨年度の最終選考者<池田 暁監督/ndjc2017>は現在、「長編映画の実地研修」として開発脚本をもとに作品を制作しています。
 
 今年度は製作実地研修修了者67名に、ワークショップ参加者173名を加え対象を大幅拡大し脚本を募集、一次選考通過者5名を選出しました。同5名は本プレゼン用に制作したパイロット映像とともに企画・脚本を1人15分で発表し、最終選考者1名が、講師指導のもと今年度内に脚本開発を行います。
 
 選考結果は10月中旬にndjcウェブサイト公式ページ(www.vipo-ndjc.jp)にて発表予定です。
 

◆プレゼンテーションプログラム

(1)15:45~16:00 『青い蜂(仮)』 三宅美奈子(ndjc2007・WS*)
(2)16:05~16:20 『梅切らぬバカ』 和島香太郎(ndjc2008)
(3)16:25~16:40 『マルコは死んでいく』 山下つぼみ(ndjc2011)
(4)16:45~17:00 『マイ・スイート・メモリー』 山岡大祐(ndjc2016・WS*)
(5)17:05~17:20 『サプライズ』 清水健斗(ndjc2018・WS*) 
17:25~総評
17:45~懇親会(VIPO会議室)

*WS=ワークショップ参加者

 

◆選考委員

・根岸吉太郎(映画監督)
・加藤正人(脚本家)
・桝井省志(プロデューサー)
・香月純一(プロデューサー/ndjc2019スーパーバイザー)
 

◆開催概要

日 時 10月7日(月)15:30開会(15:00開場) ※17:45頃〜懇親会
会 場 映像産業振興機構(VIPO)会議室/東京都中央区築地4-1-1東劇ビル2F
アクセス]東京メトロ「東銀座駅」6番出口より徒歩1分
定 員 50名 *定員になり次第締切
申込方法 下記フォームよりお申し込みください
締 切 9月27日(金)16:00

 

 
 

【参加作家作品・プロフィール】

三宅美奈子(ndjc2007・WS) 『青い蜂(仮)』

1982年生まれ、埼玉県出身。高校在学中にインターネット上でスタッフを募集し、初めて短編映画を制作。その後はグラフィックデザインの専門学校に進学し、独学で短編映画を制作し続ける。2014年、「ショートストーリーなごや」という企画の監督に選出されて制作した『なごやの喫茶店』が映画館で公開、映画祭で上映される。その後の作品も映画祭や劇場での上映が続き、最新作の『夜間飛行』は「あいち国際女性映画祭2018」で観客賞、「第1回小布施短編映画祭」で小布施賞を受賞。現在はフリーランスで映像制作をしており、映画だけでなく舞台やテレビ番組にも携わっている。

 

和島香太郎(ndjc2008) 『梅切らぬバカ』

1983年山形県生まれ。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科(現・映画学科)卒業。ndjc2008で『第三の肌』を監督。2012年、短編『WAV』がフランス・ドイツ共同放送局arte「court-circuit」で放送。また短編『小さなユリと 第一章・夕方の三十分』が「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」短編部門にて奨励賞受賞。
2014年、監督作『禁忌』が新宿武蔵野館で上映。その他、脚本を担当した『欲動』、『マンガ肉と僕』が「山国際映画祭」、「東京国際映画祭」に出品。2017年1月より、ネットラジオ『てんかんを聴く ぽつラジオ』(YouTubeとPodcast)を月1で制作・配信している。

 

山下つぼみ(ndjc2011) 『マルコは死んでいく』

1995年から5年間、アメリカユタ州の大学で動物学を専攻し、人体解剖学、進化学を中心に学ぶ。帰国後は映像ディレクターとして、NHKドキュメンタリー番組を中心に『ちい散歩』や『シャキーン』など数々の番組を手がけてきた。同時に自主映画も製作、現在まで短編映画5作品を監督し、国内外映画祭に入選している。現在は二児の子育てをしながら、長編映画脚本開発とWebを基軸とした動画制作を試みつつ、アニメーションの実験作品制作に取り組んでいる。

 

山岡大祐(ndjc2016・WS) 『マイ・スイート・メモリー』

1975年生まれ、静岡県出身。学生時代より自主製作で映画作りを始め、 数多くのコンクールで受賞、入選を果たす。『朝日ヶ丘の素晴らしき人々』<企画・脚本/共同脚本:江藤有吾>(2010)がサンダンス・NHK国際映像作家賞グランプリ、『いいね!』(2013)が「FOXムービープレミアム短編映画祭」で最優秀作品賞、『ハローベイビー!』(2016)がMPA/DHUフィルムワークショップx第29回東京国際映画祭シノプシス (&ピッチ)コンテストでグランプリを受賞。他にも『ロストガール』(2007)、『妹の足』(2012)、『空気を読む。』(2016)など国内外の映画祭でノミネート・上映され、注目を集めている。

 

清水健斗(ndjc2018・WS) 『サプライズ』

AOI Pro.でPMとして多くの作品を手がけ、第57回「カンヌ国際広告祭」など国内外で多数受賞。2012年フリーディレクターへ転身。2013年『瞬間少女』がレイトショー公開。2015年同作のハリウッド上映を機に、海外を意識した作品創りも取り組みはじめる。2019年短編映画『漂流ポスト』が「ニース国際映画祭」で外国語短編映画最優秀作品賞を受賞し世界12の映画祭で上映される。美しくアーティスティックな画作りと繊細な人間の機微を切り取る演出は海外からも高い評価を受けており、近年は「ユニバーサル主催 シネマティックVRアイデアコンペ」や「Google VR Creator Lab」に名を連ね、企画力にも注目が集まっている。

 
 

 
 

お問い合わせ

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
ndjc事務局:本間・信澤・根津・森川・柳原
Tel:03-3543-7532 / Fax:03-3543-7533
 
 

新着情報

09.13 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【観覧参加者募集】〈ndjc2019〉10/7(月)「映画脚本」企画プレゼン
08.23 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2019】若手映画作家3名が決定! 35mmフィルム撮影による短編映画を製作
07.31 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2019】ワークショップに参加する若手映画作家20名発表
06.28 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2019】若手映画作家の登竜門 選考開始 8月のワークショップスケジュールが決定
04.19 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2019】若手映画作家の募集を開始 東京・大阪で説明会開催
02.20 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2018】3/2(土)~今年度完成作品(短編5本)が劇場公開
02.01 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
2/5(火)若手作家5作品「合評上映会」上映順決定、舞台挨拶&フォトセッション実施(東京)
01.11 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」2/5(火)~若手作家5作品「合評上映会」を全国4都市で開催!「一般モニター」を募集!
10.19 事業報告
  • ndjc
【ndjc2018特別企画】「90分程度の映画脚本開発」企画プレゼンテーション実施報告
10.01 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2018】制作プロダクション5社決定! 若手映画作家をサポート
  • ndjc
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録