新着情報

2012.06.25
文化庁「平成25年度新進芸術家海外研修制度」の募集が始まりました

新進芸術家海外研修制度とは

文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に、海外で実践的な研修に従事する機会を提供する、「新進芸術家海外研修制度」を実施しています。 音楽、映画、メディア芸術等の各分野における新進の芸術家、技術者、プロデューサー、評論家等が、海外の芸術団体、劇場等で実地研修する際の渡航費・滞在費が支援されます。

応募資格

  • 日本国籍又は日本の永住資格を有すること
  • 年齢条件を満たすこと
  • 専門とする分野で芸術活動の実績があること
  • 外国での研修に堪えうる語学力を有すること
  • 研修先の施設の受入保証があること(受入先が個人である場合を含む)

研修計画

  • 研修計画は、応募者自身が作成することとなっています
  • 研修計画について、申込後の変更はできません
  • 原則として、研修先での受け入れが認められている必要があります
  • 研修先は原則1ヶ所となっています
  • 研修に従事することにより収入を得る場合は、本制度の対象となりません
  • 研修期間中、他の仕事に就くことは認められていません
  • 原則として、研修期間中は家族・親族・研修員自身の健康上の理由以外での一時帰国は認められません

応募の際の注意事項

本制度へは、書類提出団体を通じて応募書類を提出する必要があります。当機構からの提出を希望される方は、下記相談期間内にご連絡ください。当機構への書類提出〆切は7月30日(月)と させていただきますので、お早めにご連絡ください。

相談期間: 平成24年6月25日(月)?7月17日(火)

以下のページ(文化庁ホームページ)にて必ず詳細をご確認ください。
http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/05kenshu/h25_shinshin.html

本リリースに関するお問い合わせ

〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル8F
tel 03-3543-7531 fax 03-3543-7533 vipoinfo@vipo.or.jp 担当:白米(しらよね)

ドキュメント

文化庁「平成25年度新進芸術家海外研修制度」の募集が始まりました

新着情報

10.19 事業報告
【ndjc2018特別企画】「90分程度の映画脚本開発」企画プレゼンテーション実施報告
10.19 イベント・セミナー・公募情報
11/26(月)福井健策弁護士セミナー「音楽著作権の基礎知識2018」参加者募集
10.12 イベント・セミナー・公募情報
  • 京都映画企画市
10/28(日)「京都映画企画市」映画企画コンテスト参加募集
10.12 イベント・セミナー・公募情報
11月「映画プロデューサー養成セミナー 基礎編」(全4回)募集 日程変更
10.11 イベント・セミナー・公募情報
11/1-4スペイン「サロン・デル・マンガ」で「言葉と物と獣」展開催
10.11 イベント・セミナー・公募情報
全国10カ所「VR・ARコンテンツ活用セミナー」開催(仙台/高松/大阪/広島/札幌/名古屋/富山/福岡/さいたま/那覇)
10.03 イベント・セミナー・公募情報
10/23(火)TIAF「海外アニメ製作プロデューサーによるピッチセッション&マッチング」参加者募集
10.01 イベント・セミナー・公募情報
  • ndjc
【ndjc2018】制作プロダクション5社決定! 若手映画作家をサポート
09.28 イベント・セミナー・公募情報
  • コンテンツ企業×異業種企業マッチング交流会
11/7(水)東京都「コンテンツ活用促進事業」関連セミナーコンテンツ企業募集
09.19 イベント・セミナー・公募情報
10/25-26脚本家・加藤正人氏の映画俳優・スタッフ養成「映画脚本読み込み講座」
  • VIPOインタビュー
  • メールニュース登録