新着情報

2009.01.30
「学生のための映像セミナー」募集のお知らせ

セミナーの目的

「学生のための映像セミナー」は高校生の映像制作のスキルアップを目指すため、映画学校や映像教育機関の先生からワークショップ形式で映像機器の取り扱い方法や撮影の仕方を学び、そして、実際に映像機器を用いて作品制作を体験することで、映像制作の面白さ・楽しさを実感してもらうことによって、今後の映像産業の継続的な発展につなげていくことを目的としております。

セミナー内容

3月14(土)・15(日)日の2日間で映像教育機関の先生から映像制作の基礎を学び、その後実際に撮影・編集し作品を制作いたします。

開催時期及び開催場所

開催時期

3月14日(土)・15日(日)の2日間、14日は10:00~18:00、15日は9:00~17:00予定

開催場所

北九州小倉:北九州国際会議場(予定)
住所:〒802-0001 北九州市小倉北区浅野三丁目9番30号

募集人数

5~8グループ予定(1グループ4人予定)

参加費用

セミナー会場までの往復の旅費、セミナー中の食費・宿泊費は主催者が負担します。

応募条件

  1. 全国の高等学校(全日制・定時制・通信制高等学校、高等専門学校、中等教育学校・中高一貫校、養護学校高等部など)に在籍する生徒であることとします。
  2. 1グループ4名を想定しておりますので、これを越える場合は別途ご相談ください。
    ※ グループとは、クラス・クラブ・同好会・有志や、異なる学校に通う人たちのグループのことをいう。
    ※ 1人でも応募できます。
  3. 今までに映像制作の経験があること。
  4. 申し込みの際は、必ず通っている学校の担任又は部活動の顧問及び保護者の了解を取った上でお申し込みください。(申し込みをいただいた時点で了解をとったものとみなします)
  5. セミナーは3月14日(土)・15日(日)の2日間ですが、参加者には基本的に13日(金)にこちらで用意している会場そばのホテルに宿泊していただく予定です。

その他

  1. 役者・脚本はこちらで用意します。
  2. 撮影用のカメラ(HDカム)・三脚・マイク・ブームはふだん使い慣れた機材を持参ください。(必要な方はお申し出ください、こちらで用意します―機種を指定することはできません)
  3. テープ・編集用機材はこちらで用意したPC(編集ソフトはファイナルカットを使います…使用方法はこちらで説明します)に映像素材を取り込み行います。
  4. 音楽の使用はできません。(含むSE、ME。シンクロのリテイクとしてのアフレコは可)
  5. 脚本はセミナー開催1週間ほど前に、各グループの連絡担当窓口の方に添付ファイルで送ります。
  6. セミナー期間は会場近辺に宿泊をしていただきます。

申し込み方法

所定の申込用紙に記入の上、以下のアドレスに「学生のための映像セミナー応募」の件名で申し込みください。
NPO法人映像産業振興機構
Mail: Info-en@vipo.or.jp

申込用紙(Excel) ダウンロード

募集締め切り

2009年2月6日(金) 17:00必着

決定通知の方法

申込者多数の場合は、申込書記載の動機等をもとに選考を行います。
選考結果は、締め切り後一週間以内に参加決定者のみに直接通知を行います。

主催

経済産業省、NPO法人映像産業振興機構

制作した作品の取り扱い

このセミナーで作成した素材・作品の権利は、このセミナーの主催者であるNPO法人映像産業振興機構と経済産業省に帰属しますが、制作した学生が映画祭やコンテストに応募することは許可します。
NPO法人映像産業振興機構公式サイトを通じ、不特定多数の視聴者に無償配信や、次回セミナーでの告知、その他DVD、VHS/DVテープ等のメディア、放送メディア(TV放映を含めて)等での作品紹介DVD、VHSなどに録画し、学校等に映像セミナーの実例として紹介する場合などに使用する事があります。また、使用時に、制作作品の編集を行う場合があります。その場合、対価が発生しても応募者にはその対価を支払わないものとします。
※応募者は応募の時点で、この条件を予め認諾したものとみなします。

問い合わせ先

本件に関するお申し込み、ご質問等は、「学生のための映像セミナー」の件名で以下までお願いいたします。
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル8F
NPO法人映像産業振興機構 内山 浩昭
Mail: Info-en@vipo.or.jp

申込用紙(Excel) ダウンロード
プレスリリースPDF ダウンロード