J-LOD 活用事例

1.コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業の支援

一般財団法人本願寺文化興隆財団

1.「ユネスコ無形文化遺産 祭と和食-日本の美と心-」 2.「襖からくりと阿波人形浄瑠璃公演-日本の伝統と先端技術-」

9/23(ユネスコ総本部第1ホール)と9/24(パリ日本文化会館)、仏のメディア、バイヤー、各国大使、文化人等1,200余人を集め、ローカライズ(仏語字幕)したコンテンツ「デジタル襖からくり」を仏で海外初上映した。「政官民」コンソーシアムがこれによって高付加価値化した仏初の阿波人形浄瑠璃公演、BtoB商談会、プロモ、仏語講演等で徳島の商材を紹介、訪日観光と地域創生の拡充、日本ブーム創出を図った。