J-LOD 活用事例

1.コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業の支援

株式会社アミューズメントメディア総合学院

『下忍 赤い影』『下忍 青い影』本編ローカライズ

日本で2019年10月4日公開の「下忍 赤い影」と2019年11月15日公開の「下忍 青い影」の海外セールスの為、英語ローカライズ(日本語から英語への字幕作成、映像への字幕焼付け作業)を実施。9月に英語字幕版本編がそれぞれ完成し、以降海外セールス開始。10月の釜山マーケット、TIFFCOMにおいてスクリーニングも実施。