J-LOD 活用事例

1.コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズ及びプロモーションを行う事業の支援

株式会社コーエーテクモゲームス

「A-Juicy」海外向けローカライズ

「三國志14」を全世界に向けてアピールするため、欧米・アジア地域向けに2019年6月から2020年1月にかけて、ゲーム内のイベント会話・UI・システムメッセージなどあらゆるテキストについて、中文繁体字・中文簡体字・英語へのローカライズ事業を行った。
各言語への翻訳のほか、ネイティブスピーカーによるモニタリングを行い、ゲームに不備がないか検査・修正をした。