令和2年度アーカイブ中核拠点形成モデル事業(撮影所等における映画関連の非フィルム資料)

事業の目的

本事業は、歴史的・文化的価値のある我が国の貴重な文化関係資料が散逸・消失することのないよう、アーカイブの構築に向けた資料の保存および活用を図るための望ましい仕組みのあり方について調査研究等を行い、映画関連の非フィルム資料のアーカイブに係る中核拠点の形成を図るため、当該分野のネットワーク化を推進することにより、分野全体のアーカイブの構築・運営や共同利用の促進等を行うことを目的としています。
 

事業の内容

(1)実態調査
関東地区における映画の撮影所等に保管されているシナリオ、ポスター等の映画関連非フィルム資料(以下、非フィルム資料)について、東京調布地区の映画撮影所や非フィルム資料を所蔵する施設等を対象に、データベースの有無も含め所在情報の収集・調査を行うとともに、また昨年度実施した「全国映画資料館録2015」主要50館アンケートの実績に基づき、非フィルム資料の保管整理状況の追跡調査を行います。
 
(2)「非フィルム資料所在地情報検索システム(JFR)」構築および「全国映画資料館録2020」(仮称)の作成
昨年度に行われた京都の非フィルム資料所蔵館のデータベースと東京の非フィルム資料図書館データベースとの連携実証実験を受け、JFRベータ版を公開します。各資料館の参加難易度・優先度を調査するとともに、JFR参加拡大へのロードマップ、および「全国映画資料館録2020」を作成し、JFR展開のロードマップ作成のベースとします。
 
(3)利活用方法の検討および試験的展示会の実施
上記(1)の調査研究の成果を踏まえ、映画関連資料の利活用方法を検討し、その一例として、所蔵館等において非フィルム資料の展示を行い、一般に公開し、成果結果を取りまとめ、文化庁に報告するとともに、その内容を公表します。また(2)において、デジタルアーカイブした実際のデータを連動させ、動作環境の検証を行います。前年度実施された「全国非フィルム資料アーカイブサミット2020」において構築されたネットワークの拡大・深化、および検討委員会で提起された課題等の議論、「非フィルム資料所在地情報検索システム(仮称:NFA)」の実証実験の拡大を目的として、「全国非フィルム資料アーカイブサミット2021」(仮称)を開催します。
 

実施計画

(1)検討委員会の設置・運営
(2)第1回検討会議
(3)第1回集中調査(調布地区における資料所在実態調査)
(4)第2回集中調査(全国非フィルム資料館における保管体制追跡調査)
(5)第2回検討会議(集中調査の結果と実証実験・展示について議論)
(6)実証展示(調布地区における資料展示)
(7)実証実験(「非フィルム資料所在地情報検索システム(仮称:JFR)」ベータ版公開および各資料館参加のロードマップ作成)
(8)「全国映画資料館録2020」(仮称)作成
(9)「全国非フィルム資料アーカイブサミット2021」(仮称)開催
(10)報告書作成
 

事業報告書

令和元年度 アーカイブ中核拠点形成モデル事業 報告書
平成30年度 アーカイブ中核拠点形成モデル事業 報告書
 
 
 
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
令和2年度アーカイブ中核拠点形成モデル事業事務局
Tel. 03-3543-7531 E-mail:nonfilm.archive@vipo.or.jp